「紅蜘蛛綺譚」「龍門党異聞」上演プログラムその他情報

 日本芸術文化振興会ウェブサイトを通じて検索出来る、国立劇場所蔵資料。小酒井不木の戯曲作品が上演された際のプログラム、舞台脚本が収められているのでざっと紹介する。


東西新派大合同劇御名残り狂言
新守座(名古屋) 昭和2年1月15日-
内容:鴎:情話劇/中井苔杭作 紅蜘蛛奇譚:探偵秘話/小酒井不木作 蔦松葉のお葉/瀬戸英一作

東西新派大合同劇
八千代座(楠公前) 昭和2年2月1日-
内容:鴎:情話劇/中井苔抗作 紅蜘蛛奇譚:探偵秘話/小酒井不木作 馬賊芸者/音羽六藏作

東西新派合同劇:昭和二年二月興行
浪花座 昭和2年2月19日-26日
内容:浅草寺境内/眞山青果作 紅蜘蛛奇譚:探偵秘話/小酒井不木作 馬賊芸者/音羽六藏作

河合武雄、伊井蓉峰合同劇筋書
帝国劇場 昭和2年5月21日-30日
内容:龍門党異聞/小酒井不木作 恋の受難/平野止夫原作、三木葉一郎脚色 都島原/澤田撫松原作、眞山青果脚色

特別興行 河合武雄、伊井蓉峰合同劇
道頓堀・中座 昭和2年6月5日-19日
内容:龍門党異聞/小酒井不木作 時の氏神/菊池寛作 都島原/澤田撫松作、眞山青果脚色 証拠/関口次郎作

河合武雄、伊井蓉峰合同劇:帝劇女優村田嘉久子・河村菊江・特別加入出演
八千代座(楠公前) 昭和2年6月20日-24日
内容:龍門党異聞/小酒井不木作 時の氏神/菊池寛作 都島原/澤田撫松作、眞山青果脚色 証拠/関口次郎作

河合武雄、喜多村緑郎合同劇:本郷座九月興行
本郷座 昭和2年9月3日
内容:紅蜘蛛奇譚/小酒井不木作 黒牡丹社/南惠三原作、音羽六藏脚色 新四谷怪談/瀬戸英一作


 人名の漢字がレコードによって異なっているし、「紅蜘蛛奇譚」は「綺」の字を使っているのではないかと思われるが、とりあえず確認出来るまでは参照したデータをそのまま記載しておく。「龍門党異聞」台本の書誌データは下記の通り。


龍門党異聞:全3幕7場/小酒井不木作
88丁;24cm


 所蔵データの存在については浦部圭さんから教えて頂いた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ロ・ヲ・ド・ク』

『ロ・ヲ・ド・ク』

 北海道文化放送の深夜番組。アナウンサーによる文学作品の朗読で、2004年6月2日(水)の放送では、小酒井不木「死体蝋燭」が取り上げられたそうだ。
(情報提供:浦部圭様)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

(翻刻)壁 / 大倉燁子

 A青年の眼といつたら、若い女達の間では評判だつた。にごりのない、清らかに澄んだ殊に右眼が素晴らしく美しい。
 彼に召集命令が来た時、一番心配したのはS嬢だつた。彼女は弾丸除けのお守護札というのを受けついでに霊媒に彼の運勢をみてもらつた。
「長命ですよ。召集は免れます」
といつた。
 S嬢は霊媒なんかに頼ろうとしたのを恥ぢた。
 笑はれるのを承知で、彼にお札を渡すと
「こんなもので弾丸が除けられるなら戦死者は一人もいなくなる。僕はもつと、もつと、確実なものを持つているから、戦争にはゆかにず(原文ママ)すむと思ふ」
「確実なものツて?」
「それは僕の秘密だ、君にだつて話せないよ」
 果して、彼は一週間後に召集解除となつて帰つて来た。
 どういふ理由で解除になつたのか、そんなことを詮議する必要はなかつた。彼女はただ彼が戦争にいつてくれさへしなければ嬉しかつた。
 ある日、彼は左眼に眼帯をしてステツキをつきながら、彼女を訪問した。
「眼に塵が入つてね、それをこすつたら結膜炎を起した」と悲しそうにいつた。
 彼が帰る時は、一足おくれた彼女は、両手で探ぐりながら家守のやうに壁に取りついて、危ぶなツかしい足どりでそろりゝゝゝと二階の階段を降りて行く彼を見た。
「まるで、お盲目さんのやうねオホヽヽ」冗談のつもりでいつたのを、彼はぶるツと体を震るはせたかと思ふと
「何? めくら? めくらだつたらどうする?」
 と平き直つた。彼女はハツとした。そして始めて確実なものといふ意味が解つた。彼の美しい右眼は義眼だつたのだ。

初出:『探偵新聞 第35号』 昭和23年8月15日

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

少年科学探偵

 本日は戦前に活躍した探偵小説作家、小酒井不木の124歳のお誕生日です。わー、ぱちぱち。
 そんなわけでさっそくですが、彼の業績の一端を紹介させてもらいましょう。昨年、9年ぶりに新刊が出たこともあって再評価の機運高まる、いや高まって欲しい「少年科学探偵」こと塚原俊夫君です。

Toshio20130810

 真珠書房より刊行された「パール文庫」の1冊、『少年科学探偵』表紙より。左の白衣の少年が俊夫君で、右のチャラい感じのは助手の大野青年。戦前の小学生なのに髪染めてシャギーかよ。眉細いな。コイツ絶対カラコン入れてる。などという無粋なツッコミはおいておくとして、この表紙イラストは田城ひとみ(代々木アニメーション学院)という方の作品です。いいですね。中身は古めかしい探偵小説ですが、表紙はいわゆるライトノベルって感じにしてとっつきやすさを狙ってますね。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

(翻刻)法律的に見た落語(六) / 浜尾四郎

 以前私は、詐欺の話の起源が何処にあるかといふ事を研究すべき必要を感じて、種々本(原文ママ)読で見た。私は文学者でないので、詳しい事は云へないが、西鶴あたりの話でも、どうも支那の話を取つたのが大分あるらしい。早桶屋などといふ話も、其の趣向は支那の話にもあるし、又西洋の探偵小説家の話にも非常に能く似たのがある。本家本元が何処であるか又偶然の一致であるか、その辺は能く分らないが、兎に角詐欺の方法としては巧妙なやり方だと云へやう。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«参考文献/資料集1979(昭和54)年