トップページ | 大活字本だからといっても »

講演「インターネットで読む小酒井不木」

 正直に告白しますと、次の「『新青年』趣味」に投稿する原稿には、講演の内容紹介をそのまま使おう、と安易に思っていました。

 しかし「インターネットで読む小酒井不木」というタイトルなのに内容がインターネットで読めない、というのではあまりに消極的というか意味がわからないではないか、と思い直し、さっさと公開する事に致しました。講演に来て下さった方は講師の話の不明点・舌足らずだった部分の補足として、講演に来られなかった方はちょっとした話の種としてでもお読み頂けたら幸いです。ご意見ご感想、特に待望は致しませんがお待ちしております。

 思いつくところを補足。これだけ読むと私が小酒井不木紹介に関して紙の本の価値をあんまり認めていないように感じられるかも知れませんが、そうではありません。私はどちらかといったら紙の本が好きな人間ですし、これからもどんな形であれ小酒井不木を紹介してくれる紙の本が出てくれる事を期待しています。インターネットでの翻刻中心の情報発信は、そうした紙媒体の届かない「どこか」を目指し、紙媒体が汲み取れなかった「誰か」をも対象としようとしているのだとご理解下さい。

講演「インターネットで読む小酒井不木」(原稿版)

|

トップページ | 大活字本だからといっても »

奈落の井戸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21544/43676536

この記事へのトラックバック一覧です: 講演「インターネットで読む小酒井不木」:

トップページ | 大活字本だからといっても »