« 「アイロニー」のモデル | トップページ | 岡戸武平「先生・女性・句碑」 »

座談会「憶い出の不如丘と不木」

『医家芸術』昭和48年2月号の話題です。

座談会「憶い出の不如丘と不木」
(出席者)
正木良一(正木不如丘氏実兄)
小酒井望(小酒井不木氏長男・順天堂医院長)
前田友助(前田外科病院長)
中島河太郎(日本推理作家協会常任理事)
(司会)
原三郎(日本医科芸術クラブ副委員長)
椿八郎(日本医科芸術クラブ編集委員)

昭和47年12月18日 於原宿南国酒家

 正木不如丘と小酒井不木、それぞれの遺族代表1人ずつに、共通の友人代表として前田友助、という図式なのでしょうか。中島河太郎は推理作家協会代表というより、レファレンスとして呼ばれたと見ました(笑)。
 和気藹々といった雰囲気で思い出話などを語っているのですが、椿八郎がやたら口を差し挟もうとするのが面白いです。芸風なのだと思いますが、途中から司会ではなく語る側に廻っております。

 で、ここで「不木のペンネームは木石にあらずである」という中島説が披露されています。

椿 ところが不木って名前ですが、それは家の人も知らない、望先生も知らない。なぜ不木か。
中島 “木石にあらず”だろう。
椿 そうじゃない、ぜんぜん違う。
中島 椿先生、新説を出すからねえ。(笑)
椿 これは古畑種基先生だけが知っていた。桑原虎太郎さんという、古畑先生のおじさんが不木先生とは非常に仲がよかったらしい、先輩らしいですけどね。
(中略)
椿 不木っていうのは、どうもわけがわからないが、どういうわけかと手紙を出したんですね。その返事がきている。その返事をそのまま雑誌に載せてるんです。それを見るとね、不木っていうのは、不というのは木が上に出ていない、木という字の頭が抜けてないんですよ。
中島 (感心したように)ハ、ハ、ハ、ハ。
椿 自分はいま勉強中だ、まだ木にならないんだ、木の下にいるんだけれども、勉強して、これから木になろうと思うという、非常に謙遜した名前なんです。

 中島説、一蹴されておりました。
 なお件の桑原虎太郎が引用した小酒井不木の文章は「小酒井不木筆名考」の冒頭部分で紹介してありますのでそちらをご覧頂ければ幸いです。別に「木になる」とか「木の下にいる」というような「木」にこだわったニュアンスはなく、最初隠れていて後に顕れる、というところが主眼なのですが、まあ細かいところはいいでしょ。
(記 2003/4/15)

|

« 「アイロニー」のモデル | トップページ | 岡戸武平「先生・女性・句碑」 »

奈落の井戸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21544/43737535

この記事へのトラックバック一覧です: 座談会「憶い出の不如丘と不木」:

« 「アイロニー」のモデル | トップページ | 岡戸武平「先生・女性・句碑」 »