« Yngwie Malmsteen / Deep Purple 来日公演 | トップページ | 横溝正史探偵小説選1 »

Yngwie Malmsteen / Deep Purple 来日公演

2009/4/15 東京国際フォーラム・ホールA

 誤報あり、客層の断絶ありで悲喜交々、と伝えられるカップリング・ツアー最終日に行って参りました。……今日のステージはしばらく話題になるんじゃないでしょうか。2つのでっかいサプライズありの、すばらしいショーでした。

 Yngwie Malmsteen にとっては今回のステージはアウェーというか、ほとんど前座扱いだったような気が。周りの人がみんな仁王立ちで「お手並み拝見」みたいな空気が漂ってる。いい演奏をしているのに何か盛り上がらないライブって初めてみたよ。曲のブレイクで誰も声を上げないから変な間が空くし。もっともこれは仕方ない部分もあって、Yngwie の曲はもともと sing along や掛け合いにあんまり向いてない。ヴォーカルの Ripper も盛り上げようとしているんですが、シャイな日本人相手にはどうも方法を間違えている気がする……それなりにキャリアあるんだから、もうちょっと他のやり方もあると思うんだがなあ。
 それでも最後の2曲、「Hiroshima Mon Amour」「Rising Force」はけっこういい感じで盛り上がりました。何より、東京ではやらんだろ、と思っていた「Hiroshima~」が生で聴けたのがちょっと嬉しい。Ripper のシャウトも Graham Bonnet に全然負けておらず、凄いもんでした。明らかに Purple 目当て、周りが立ってるから仕方なく立ってます、的な、かなり年期の入った感じのオールドファン2名が私の前方にいたのですが、「Hiroshima Mon Amour」が始まったら二人とも揺れる揺れる。Alcatrazz は好きですか、よかったですな。

 セットチェンジで約30分の休憩。必要な時間なのはわかるけど、やっぱりせっかく盛り上がった客席がトーンダウンするのは勿体ない。
 でも1曲目が「Highway Star」だったんで、すぐ復活した。問答無用で切り込んでくる Ian Paice のドラム(御年60歳とは思えない)、Roger Glover のベースランニング、このイントロを聴いて盛り上がらないロック好きはいないでしょ。

 で、誰だ、Deep Purple のステージの幕を葬式みたいなぶっとい白黒の縦線にデザインしたのは。

 Don Airey のキーボード・ソロ~「Perfect Strangers」という流れでしたが、ソロの最後で一旦ステージの照明が消え、再びスポットライトが当たるとオルガンの前には Don ではなく、Jon Lord がいる、というサプライズ。黒い服だったんで白髪と顔だけが浮かび上がり、最初は Don がお面をかぶったのかと思ったよ(笑)。
 Yngwie との共演がどうこうなんて話は、多分この時点で皆の頭から吹っ飛んだでしょう。オリジナル Purple 度が2割上昇した「Perfect Strangers」はもちろん最高の盛り上がり。Jon はこのあと「Smoke On The Water」で再び登場し、Don と一緒に演奏してくれました。

 本編最後は「Space Truckin」~「Smoke On The Water」でしたが、ここでついに Yngwie Malmsteen 飛び入り参加。Steve Morse とのピロピロ合戦の後、世界一有名なリフを弾いたのは Yngwie。つうか Steve はわざと音を外したりして、「弾けないから君どうぞ」みたいな感じで譲るアクションをしてました。

 アンコール「Hush」「Black Night」が終わって客電がついた時にはすでに22時過ぎ。腹は減るし、立ちっぱなしで疲労困憊でしたが、いい感じで余韻の残る、楽しいライブとなりました。

 いいものといえば、サプライズのほかにちょっとしたハプニングも一つ。
「Space Truckin」のエンディングで、Yngwie 用のアンプを運び込む手筈になっていたみたいなんですが、そのせいなのかどうか、Steve が演奏の途中で手を止め、アンプを押してきたローディーが立ち往生、何やらやり取りをしていました。それに気付いた Ian Gillan が「準備なら隅でやれ」とでも思ったか、それともアンプの運び込みがトラブルの原因と思ったか、運ばれてきたアンプを何かいいながらステージ脇に押し返し、けっこうな剣幕で何か言っていました。それを Steve がなだめながら、色々(シールドか何か交換したか、繋ぎ替えたかしたみたいでしたが)やっていたのですが、その時、準備が整うまで場を繋いだのが Ian Paice のドラムと Don Airey のキーボードの即興演奏。この人らホントにすげえ、と思いましたよ。

|

« Yngwie Malmsteen / Deep Purple 来日公演 | トップページ | 横溝正史探偵小説選1 »

HR/HM」カテゴリの記事

HR/HM: Deep Purple」カテゴリの記事

イベント」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。私もその場にいた1人です。御大登場の時は年甲斐もなく精神がぶっとびました。スティーブはこけた後照れ笑いしてましたね。ギターがトラブっていても観客をトーンダウンさせないライブの力はさすがで、世界の一流どころの底力はこういうところに表れるんだなぁと思いました。しかしスティーブって、インギーとの掛け合いの時もそうだったけどすごくいい人ですね。ギターの腕の他に性格の良さもパープルでやっていくには必要な要素なのかも(^-^;

投稿: cleyera | 2009/04/19 08:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21544/44685951

この記事へのトラックバック一覧です: Yngwie Malmsteen / Deep Purple 来日公演:

« Yngwie Malmsteen / Deep Purple 来日公演 | トップページ | 横溝正史探偵小説選1 »