« トーク&ディスカッション「『新青年』の作家たち」 第8回 森下雨村 | トップページ | 水漏れ始末 »

不法投棄で警察が来た

 昨日の夜、警察官が3人もウチに来たよ。

 朝出がけに集積所に出しておいたゴミ袋が、近所の家の庭に投棄されていたんだと。中に封筒が一緒に捨ててあったので住所がわかり、ウチを訪ねて来たんだがえらい迷惑な話。
 さすがにお巡りさんはウチがやったとは思っていないらしく、決められた時間に出さなかったんじゃないか、とか、そんなことを聞いてきた。それだってちゃんとルールを守ってるこっちにしたら、ほとんど言いがかりだけどな。

 朝8時、出勤前に家の前の集積所にゴミを出して、仕事を終えて夜帰ってくる、これで勝手にゴミを持ち去られてどこぞの家に投げ込まれたところで、こっちはどうしようもない。しかも、戻ってきたゴミはどこまでも自分ちのゴミだから、また次の回収日まで置いとかなきゃならん。

 お巡りさんはもう1つ袋を持っていて、そっちには何枚かの衣類らしきものが入ってた。こっちはウチの出したゴミじゃない、と答えたら何かしらぶつぶつ言っていたが、知らないものは知らない。
 しかしそういえば今回ウチも、息子が履けなくなったお古のスニーカーをゴミに出したんだった。となると、これは想像だが、ホームレスかあるいは廃物収集癖のある人物がウチの近所には棲息していて、時々集積所を巡回しては自分の欲しいものだけゴミの中から拾い出して、あとは勝手に捨てていくんじゃないだろうか。実際前にも、集積所に袋につめて出しておいた衣類が物色された形跡があったりもしたし。

 もともと捨てるつもりの物だから勝手に持って行くのは構わないんだけど、袋を開けて散らかしたり他人の家の庭に置いて行ったりして迷惑かけるなんてのは言語同断だな。常識とかマナーを捨てて、自分がゴミになってどうするよ。

|

« トーク&ディスカッション「『新青年』の作家たち」 第8回 森下雨村 | トップページ | 水漏れ始末 »

日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 不法投棄で警察が来た:

« トーク&ディスカッション「『新青年』の作家たち」 第8回 森下雨村 | トップページ | 水漏れ始末 »