« 2014年9月 | トップページ | 2017年3月 »

(翻刻)壁 / 大倉燁子

 A青年の眼といつたら、若い女達の間では評判だつた。にごりのない、清らかに澄んだ殊に右眼が素晴らしく美しい。
 彼に召集命令が来た時、一番心配したのはS嬢だつた。彼女は弾丸除けのお守護札というのを受けついでに霊媒に彼の運勢をみてもらつた。
「長命ですよ。召集は免れます」
といつた。
 S嬢は霊媒なんかに頼ろうとしたのを恥ぢた。
 笑はれるのを承知で、彼にお札を渡すと
「こんなもので弾丸が除けられるなら戦死者は一人もいなくなる。僕はもつと、もつと、確実なものを持つているから、戦争にはゆかにず(原文ママ)すむと思ふ」
「確実なものツて?」
「それは僕の秘密だ、君にだつて話せないよ」
 果して、彼は一週間後に召集解除となつて帰つて来た。
 どういふ理由で解除になつたのか、そんなことを詮議する必要はなかつた。彼女はただ彼が戦争にいつてくれさへしなければ嬉しかつた。
 ある日、彼は左眼に眼帯をしてステツキをつきながら、彼女を訪問した。
「眼に塵が入つてね、それをこすつたら結膜炎を起した」と悲しそうにいつた。
 彼が帰る時は、一足おくれた彼女は、両手で探ぐりながら家守のやうに壁に取りついて、危ぶなツかしい足どりでそろりゝゝゝと二階の階段を降りて行く彼を見た。
「まるで、お盲目さんのやうねオホヽヽ」冗談のつもりでいつたのを、彼はぶるツと体を震るはせたかと思ふと
「何? めくら? めくらだつたらどうする?」
 と平き直つた。彼女はハツとした。そして始めて確実なものといふ意味が解つた。彼の美しい右眼は義眼だつたのだ。

初出:『探偵新聞 第35号』 昭和23年8月15日

続きを読む "(翻刻)壁 / 大倉燁子"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

少年科学探偵

 本日は戦前に活躍した探偵小説作家、小酒井不木の124歳のお誕生日です。わー、ぱちぱち。
 そんなわけでさっそくですが、彼の業績の一端を紹介させてもらいましょう。昨年、9年ぶりに新刊が出たこともあって再評価の機運高まる、いや高まって欲しい「少年科学探偵」こと塚原俊夫君です。

Toshio20130810

 真珠書房より刊行された「パール文庫」の1冊、『少年科学探偵』表紙より。左の白衣の少年が俊夫君で、右のチャラい感じのは助手の大野青年。戦前の小学生なのに髪染めてシャギーかよ。眉細いな。コイツ絶対カラコン入れてる。などという無粋なツッコミはおいておくとして、この表紙イラストは田城ひとみ(代々木アニメーション学院)という方の作品です。いいですね。中身は古めかしい探偵小説ですが、表紙はいわゆるライトノベルって感じにしてとっつきやすさを狙ってますね。

続きを読む "少年科学探偵"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年9月 | トップページ | 2017年3月 »