« 江戸川乱歩全集を電子版で揃えようと思って | トップページ

感想『科学する探偵~名古屋から乱歩を支えた作家・小酒井不木の生涯~』

 名古屋市芸術創造センター演劇アカデミー修了公演『科学する探偵~名古屋から乱歩を支えた作家・小酒井不木の生涯~』、県外から観に行った物好きな不木ファンの感想でも書いておきますか。場面転換を繰り返し、過去と現在、虚構と現実を行き来する複雑な構成の物語で、しかも出演者多数。梗概を述べよと言われても「筋はよくわかりません」「前の方はあらかた忘れました」という情けない答えしか出てこない有様ですが。


 現実のエピソードとして取り上げていたのは例えばこんなところ。


江戸川乱歩、横溝正史、小酒井不木、名古屋での邂逅

合作組合・耽綺社の結成

自宅の庭に建てた研究室

昭和4年4月1日、不木逝去


 そこに資料が無いことを逆手にとり、想像を駆使してミステリ的なエピソードを織り交ぜてきたり。


乱歩と不木、文通の空白期間(大正15年のハロウィン)


 作品では乱歩と不木の間で交わされた書簡がたくさん使われています。たぶん資料として『子不語の夢』(皓星社)がめちゃくちゃお役に立ったことでしょう。小酒井不木書簡の翻刻を担当した者として、大変誇らしい気持ちになります。それはさておき、スランプで休筆した乱歩を励まし、合作への参加を呼びかけたり名古屋への移住を熱心に勧めて矢継ぎ早に手紙を送る不木と、それに対しほとんど何の返答も見せない乱歩――観客は一方的に送られるラブレターの朗読をひたすら聴かされているかのような場面に、いたたまれない気持ちにすらなったと思います。私はこの辺、かなり心を締めつけられました。


 作者のはせひろいちさんは登場人物に「小酒井不木の小説はつまらないんです」と言わせ、出演者の一人であり、やはり不木をモチーフとした舞台『人工恋愛双曲線』を書いた天野天街さんは自身の口で「不木の小説はつまらない」と言っている。しかし二人とも人物の魅力に負けて、作品には全く惹かれないのに不木を創作のモチーフに選んでしまう。そういう自らの趣味嗜好に対する理由のわからなさを劇作家としてとことん追いかけてみることにした結果が、この舞台作品だったのかもしれません。

 今回はせさんはその方法として、魅力をふんだんにたたえた小説を数多く生み出した天才・乱歩と、小説がつまらない不木という、自分に正反対の印象を与える二人が築いた親密な関係の意味を分析し、そこに何らかの答えを見出すことにしたのではないでしょうか。その追求の装置が「法廷」です。小酒井不木裁判、ものすごく面白かったです。


 この作品では登場人物として江戸川乱歩本人が出て来るのは当然として、彼の物語世界のキャラクタたちまでどんどん姿を現します。明智小五郎、二十面相、少年探偵団……乱歩世界の住人たちは不木の生み出したキャラクタたちとリンクして、二人の作家の小説世界はどんどん重なり、混ざり合ってゆきます。そして最後に、乱歩は不木の急死を受けて彼の遺志を継ごうと決意する。めざすは通俗探偵小説による読者拡大でしょうか、あるいは少年科学探偵のようなジュブナイルによる若い読者の獲得でしょうか。いや、遺志を継ぐとかいうのとは違う、江戸川乱歩でありながら小酒井不木にもなることを決意した、そんな誓いの場面に見えました。二人を結ぶ絆、そのキーワードはやっぱり「425(子不語)」です。

 エピローグとなる場面では、乱歩晩年の作品『指』(小酒井不木との合作『ラムール』のリメイク)が、乱歩のような小説を書きたいとずっと願っていた不木の思いに対する答えじゃないか、という解釈を提示していました。自慢ではないですが、私も同様のことを『子不語の夢』の論考で述べています。

 私が辿り着いた江戸川乱歩と小酒井不木の関係とは、よろけながらもずっと続いた二人三脚――二人で一つの影のようなイメージでした。今回の舞台で描かれた二人の姿もそのように映ったのですが、違うでしょうか。とてもロマンチックで、私はこの解釈が大好きです。手紙のやりとりで見たら七年に満たないくらいのつき合い、しかし『指』の発表まで数えたらおよそ三十七年です。江戸川乱歩と小酒井不木はそこまで共にあり続けた。今回の舞台を観て、私は改めてそう考えることにしました。

 いつか再演の機会があれば、また観に行きたいですね。


 あとは余談ですが、森下雨村や岡戸武平がシュッとし過ぎててイメージと全然違いました(笑)。

|

« 江戸川乱歩全集を電子版で揃えようと思って | トップページ

奈落の井戸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21544/66440157

この記事へのトラックバック一覧です: 感想『科学する探偵~名古屋から乱歩を支えた作家・小酒井不木の生涯~』:

« 江戸川乱歩全集を電子版で揃えようと思って | トップページ