SPOTLIGHT KIDS: ブラック・サバスの新ヴォーカリスト決定! WELCOME TO SABBATH, KAL….

『BURRN!』 1985.4

 “いったいどうするつもりなんだ!”と、ファンをやきもきさせていたブラック・サバスのヴォーカリストがやっと決定した。その名もキャル・スワン。マイナー系のファンの方ならご存知かもしれないが、キャルは、かつて元エンジェルウィッチのベーシスト、ケヴィン・リドルズが結成したバンド“タイタン”に在籍していて、シングル“ブラインドメン・アンド・フールス”のレコーディングにも参加している。タイタンの解散後は、アメリカに渡りエレクトラと契約したというニュースが伝わってきていた。そのキャルとブラック・サバスがいかなる形でコンタクトをとり、加入に合意したのかは不明だが、若いヴォーカリストを探していたサバスにとって若冠24歳で流れる金髪(ブロンド)の持ち主のキャルはまさにうってつけの存在だったのだろう。サウンド的に見ても、骨太で歌いあげるタイプのヴォーカリストであるキャルは、重くひきずるようなサバスのサウンドにはふさわしいのではないだろうか。キャルを加えた新生ブラック・サバスは、プロデューサーにボブ・エズリンを迎え、トロントのスタジオでレコーディングを開始する予定だ。(後略)

 多分『BURRN!』で Kal Swan の名前が初めて活字になったのがこの記事。結局、Kal の Black Sabbath 加入は無かったけどな。


(1985年、解散後に発売されたアルバム「Rough Justice」の1曲目がこの名曲「Blind Men And Fools」)

 後半は Black Sabbath のギタリスト Tony Iommi と、Lita Ford が結婚するぜお幸せに、という話題。これも無くなったというか何というか。Lita Ford は他にも Motley Crue の Nikki Sixx とか、いろんな殿方と噂になった女性アーティスト。W.A.S.P. の Chris Holmes とは正式に結婚して離婚してましたかな。


(Lita Ford ったら The Runaways で、The Runaways ったら「Cherry Bomb」なのだ。1977年、日本公演の模様だそうな。舞台向かって右側、ショートパンツでギターを弾いているロングヘアの女の子が Lita Ford。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)